薬用ビューネ

今日 オンライン「美肌レッスン」(スキンケアレッスン)をしました。
その時にいただいた質問が「薬用ビューネってお肌の何にいいの?」ということでした。
「薬用ビューネ」と言えば ニキビケアというイメージですが 「薬用ビューネ」を使っていただいている年齢層は
とても幅広く10代の方から 知っている限りは80代の方までいらっしゃいます。
つまり ニキビケアだけではないということですね。
「薬用ビューネ」は 角質層というお肌のすぐ下にある層のうるおいを保ち みずみずしいお肌にして 肌荒れを防いでくれます。つけ心地がとてもよく、半顔だけ最初にお試しいただけたら つけてない方のお肌と比べてスベスベする手触りを感じていただけると思います。

また もちろん ニキビが気にある方には 是非一度使っていただきたいプレローションです。ニキビと言えば「アクネ菌」ですが 「アクネ菌」だけでなく「マラセチア菌」の研究もしています。
「マラセチア菌」の数はとても少ないのですが 菌の体積で比べると なんとアクネ菌の60倍もあるので その影響はとても大きいことがわかりました。そのニキビ アクネ菌だけでなく マラセチア菌のせいかもしれませんよ。

「薬用ビューネ」はプレローションですので 洗顔の後、ローションの前に使っていただくものです。
コットンにたっぷり「薬用ビューネ」を裏表に付けていただいて お肌がひんやりするまで軽くパッティングして下さいね。

「薬用ビューネ」シリーズには スプレータイプ「薬用ビューネスパシャワー」もあります。

スプレータイプは色々な使い方ができます。コンパクトなので 持ち歩くこともできます。
これから 会社で暖房と使うようになります。会社なので メイクをしているので そうそう保湿することなんてできないですよね。そんな乾燥したお肌にメイクの上から さっと一振りこだわり霧状スプレーすることができます。
お顔についた時に 液が流れるような不快感がなく 爽やかで細かい ヘルシー素肌エッセンスが 気分もリフレッシュさせてくれます。
まだまだマスクをしている生活が続いています。マスクによる肌荒れや乾燥を感じている方にも スプレーしていただきたいと思います。
マスクでの乾燥は お風呂で蒸れた状態からお風呂上がりの蒸発での肌の乾燥に似ていると言われています。
お肌が敏感肌(弱肌)で赤みが出たり 肌荒れしたりしやすい方は、お風呂上がりに まずこの「薬用ビューネスパシャワー」をワンプッシュして お肌を整えてあげると悩みの現れにくいお肌にしてくれます。
薬用ビューネシリーズには パックもあります。
私は旅行が大好きです。そして 旅行に行く時には 必ずこの「薬用ビューネスパマスクシート」をバックに入れて持って出かけます。
飛行機に乗るときなどは 機内が乾燥しているので 機内でもしくは ホテルに着いてから保湿のために
「薬用ビューネスパマスクシート」を使います。旅行中は ホテルや旅館で ゆっくりする時間が持てるので
パックする時間もいつもより取れますよね。そんな時には 身体も心も癒されるパックが必需品です。
温泉に行ったら 首から下の身体は温泉成分を身にまとえますよね。でもお顔までは浸かることができないのですが
この「薬用ビューネスパマスクシート」ならお顔にも温泉成分をつけることができるというわけです!
だから全身ツルツル スベスベ。
これでお肌も前向き 旅行も楽しくなります!

関連記事

  1. 肌荒れに

  2. プログラム30

  3. 美白ファンデーション

  4. 汗や皮脂に強い 美白ファンデーション

  5. スキンケアの3つのポイント

  6. うるおい残すクレンジング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)