肌の老化とは

若い肌は幹細胞が豊富にあります。幹細胞が豊富にあるので 衰えた細胞があっても 幹細胞が新しい細胞を生み出して衰えた細胞にとって代わってくれるので お肌はうるおいを生み出し、コラーゲンもたくさん生み出してくれるお肌でいてくれます。
一方 老化したお肌は どんなお肌かと言うと 衰えてしまった細胞が 新しい細胞にとって変わらず 停滞してしまっているお肌です。新しい細胞を生み出せなくなっているお肌なのです。
幹細胞は 自分の分身を無限に作り出し 新しい細胞を生み出してくれるはずなのに どうして 生み出してくれなくなってしまっているのでしょうか?
それは 幹細胞の数が減少してしまって 細胞が衰えてしまっていくスピードについていけなくなってしまっているんですね。20代に比べて 60代では半分になってしまうと言われています。
この衰えた細胞にムチ打つように働けと言ってきたのが今までの美容概念です。
そんな細胞にいくらいい美容液をあげてもなかなか効果が出ないと言うことは想像がつくかと思います。
だから 新しい美容概念が必要になってきたことがわかりますね。
メナードの幹細胞研究が新しい美容概念を生み出しました。
すごいですね。

関連記事

  1. クレンジングの時に肌マッサージ あり?

  2. シワの印象アンケート

  3. 紫外線チェッカー

  4. 秋枯れ肌

  5. 肌悩み 特になし〜マッサージチャレンジ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)