紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

UVケアには2つのタイプがあります。
「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」です。
「紫外線吸収剤」はお肌の上で紫外線を吸収する働きを持ち 吸収した光エネルギーを化学反応で別のものに変換してお肌を守るというものです。
一方「紫外線散乱剤」は紫外線をお肌の上で反射させるもので 金属を酸化させた粉体や細い粘土質の粉などが使われています。「酸化チタン」や「酸化亜鉛」など聞いたことありませんか?
この「紫外線散乱剤」は白っぽくなりやすいので 敬遠する方もいらっしゃるのですが
「紫外線吸収剤」の方は お肌に刺激になることがあります。毎日使うものなので なるべく「紫外線散乱剤」が入っていないもの少ないものを使われることをオススメします。

また 今 塗り直しなどの手間がなく 手軽に使えるとして ローションやスプレーやジェルなどのタイプが人気ですが ほとんどのものが「紫外線吸収剤」のみでできているので 気をつけましょう!

メナードフェイシャルサロン ブプレリウム弦巻店

関連記事

  1. 肌悩み 特になし〜マッサージチャレンジ

  2. ミルクローションは必要?

  3. 肌マッサージチャレンジ結果

  4. 30秒毛穴掃除 新ハーブマスク

  5. 口紅の使用期限

  6. 肌と向き合う

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)