秋枯れ肌

まだまだ 東京では 体温ほどの気温の1週間が続きます。
でも暦の上では もう「秋」 暑いから 秋に向かって季節が変わっていることに気づかないのですが
今日も バッグにつけている紫外線チェッカーは真紫色(最高に強い色)。
そんな時こそ 秋らしくなったら 一気にお肌に感じられるでしょう。
それくらい 紫外線が強い時間が長かったから。
もう「秋枯れ肌」始まっているかもしれませんよ。

そこで今日は 「秋枯れ肌」チェックをしてみましょう。
○カサついている
◯肌がくすんでいる
◯触るとゴワついている、硬い。
◯ハリがない。シワが気になる。
◯鏡を見ると なんだか疲れた印象。
◯シミが目立ってきたように感じる。
1つでも当てはまったら 「秋枯れ肌」に要注意!

まだまだ暑くて 汗をかいているので カサついている実感はないかもしれませんが 冷房の効いた室内にいることが多い方は カサつきも既に気になっているかもしれませんね。
肌のくすみは 突然ある時 鏡を見て 自分のお顔の変化に気づく時があります。「こんなに私くすんでいたかしら?」そう思ったことないですか?お肌がくすむと一気に老け顔に見えてしまいます。疲れていないのに、
「疲れてる?」なんて聞かれたらそのサイン。気をつけて。
触るとゴワついている肌は 紫外線によってお肌の角質が硬くなり 剥がれずにとどまって分厚くなっている状態。新陳代謝が遅くなっている状態ですね。夏は体も代謝が悪くなる時。お肌ももちろんです。
ゴワつきを感じたら きちんと落とすお手入れしてあげてくださいね。
ハリがないお肌は シワができやすく より一層 目立ってきてしまいます。またお肌の乾燥からシワが気になるほど目立っています。怖いですね。
疲れた印象は 先ほどの「くすみ」と同じ。疲れた印象のお肌には若さを感じられなくなってしまいます。
最後にシミが目立つように感じたら、今すぐ行動しなければ。
できたばかりのシミは良くなるのも早いですが 時間が経つにつれて 薄くなりにくくなってしまいます。
日焼け止めクリームをお肌につけていても 何らかの理由で取れてしまったり 塗り直しができず 残念ながら焼けてしまうこともありますよね。そんな焼けてしまったお肌が 秋になってくると 白くなりかけてきます。
そんな時にシミを見ると 目の錯覚で いつも以上にはっきりと見れるようになってきてしまいます。
秋がシミを発見する季節と言っても過言ではないかもれませんね。
夏 新陳代謝が悪くなってしまいます。シミがうまく排出できずに 季節だけが変わってきてしまったのかもしれませんね。

そんな「秋枯れ肌」対策は 「肌をしっかりうるおす」ことが大切です。
たっぷりローションを与えてあげて ミルクローションと夜はクリームをつけて保湿してあげてくださいね。
秋本番になった時に お肌の衰え感がなく 乾燥が気にならないお肌になり グッと良くなると思いますよ。
今から紫外線対策しながらの 保湿してあげてくださいね。

 

関連記事

  1. キレイな肌ってどんな肌?

  2. ウォッシングの見直しポイント

  3. シミができるメカニズム

  4. オーセントリクイド 治す力

  5. 超カンタン! マッサージ パック

  6. 角栓の正体

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)