服に代わりがあっても お肌は変えられない

先日 お洗濯をしていたら 色ものと分けずに洗ってしまったせいで 緑色が色落ちして 他のお洗濯物を黄緑色に染めてしまうという失敗をしました。
お洋服は また買えばいいかもしれません。残念だけど。
たくさん着古して 「くすんで」しまったり 「よれて」しまったり 「たるんで」しまったり 「シワ」が取れなくなってしまったり 「シミ」がついてしまったり。
これって服でよかったと思いませんか? もちろん気に入っていたもう手に入らない服かもしれません。
でも お肌だったら 新しいものを買えばいいとは言えないし 一生付き合っていくお肌だから。

服は消耗品。お肌もどんどん年を重ねていくものですよね。でもその経年は人によって違っていると思います。
なるべく若々しくいたいと思うのが 誰でも願うものではないでしょうか?
それなら お肌大切にケアしていきたいですね。
お洋服も大切に着ると長く着れるように。お肌も大切にスキンケア 当たり前のことをするだけですが
それでも大切にしてあげると 応えてくれるものだと思うから。

当たり前のスキンケア 当たり前にしてあげるだけで お肌はちゃんといい状態でいてくれると思います。
時折 寝不足、ストレス、飲酒など 負荷がかかることはあっても ちゃんとまたお手入れしてあげると元にすぐ戻ってくれると思います。
当たり前のスキンケアしてあげませんか?
お洋服のように買い替えられるものではないから。

関連記事

  1. 吸い付くスキンケアレッスン会

  2. くもりでも紫外線ケア

  3. くすみのお悩み

  4. 紫外線が増加するとシミ予備群も増える!

  5. シミモード スキンスコープ

  6. 幹細胞研究

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)