春のベースメイク

先日 ファンデーションのお話をしました。
「ファンデーションが崩れやすい」とか「ファンデーションがついつい厚塗りになってしまう」とか
「ムラになりやすい」とか お悩みありませんか?
実は ファンデーションをきちんとつけるために必要なものは 「メイクアップ ベース」なんです。
なりたい肌づくりをするには お肌を保護しながら フェンデーションをしっかりとお肌に密着させる役割を担っています。なので ベースをつけると 化粧持ちがよくなり 仕上げりもよくなります。
もし ベースをしていないという方は ぜひベースをつけてからファンデーションをつけてみてください。
全く仕上がり、持ちが違いますよ。

つけていただくときのポイントは
1.頬やひたいは多めに。鼻や顎は少なめにつけてくださいね。お顔の5点(おでこ 両頬 鼻 あご)につけてから伸ばすとバランスよくつけられますよ
2.つける指(中指と薬指)を第二関節まで広く使ってやさしいタッチで密着させてください。
お肌の上で指がピタッと止まるようになればOKです。
3.目の周りや小鼻、口まわりなど細かい部分の塗り残しに注意しましょう。

ベースメイクの使用量は
エッセンスタイプは 直径1㎝程度出していただいて お顔につけてくださいね。
しっとりタイプは あずき粒1個分程度です。
あまり多すぎると ファンデーションのムラになりやすいので適正量を参照してくださいね。

関連記事

  1. 春のお守り「薬用デイクリーム」

  2. 前向き!目元メイクレッスン

  3. ミルクローションは必要?

  4. バランス 薬用ビューネ

  5. トリセツにメナード

  6. 美白ケア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)