幹細胞研究

2003年 今から20年ほど前 お肌にまだ「幹細胞」があるのかないのかさえ分からない時から メナードはお肌にも「幹細胞」があると信じて どこよりも早く研究を始めた化粧品メーカーです。
そして そのたった2年後 どこよりも早く 幹細胞があり、それを分離して培養する技術特許を取得。
翌年 その幹細胞が 若いお肌と 老化したお肌との違いを作っているという事実を突き止め
肌の若さ美しさには 幹細胞がとても重要な働きをしていることを発見しました。

それだけ どこよりも幹細胞のことを研究し 先をいっているメーカーです。

それまでの 美容の考えは 衰えてしまったお肌の細胞に対して それでもムチを打つようにもっと働かせてきました。それではなかなか お肌がキレイになっていってくれませんよね。
でも 幹細胞は次元が違います。衰えてしまった細胞に取って代わって新しい細胞にしてお肌を再生くれるのですから。
新しく生まれた細胞は 衰えた細胞の 500% うるおいを作り出す能力が上がり
コラーゲンを作りだす能力も 300%も上がってくれるのだそうです。

陸上のリレーをして グランド一周してきた選手にもう一周してもらうより 新しい選手にバトンタッチして 走ってもらう方がいい成績が出ますよね。
美容の概念が変わりました。その可能性にワクワクしますね。

関連記事

  1. ベストコスメ1位

  2. 肌質分析 洗顔後の肌のつっぱり

  3. AIスコープ 結果

  4. 美白ケア

  5. 見た目年齢は「目」で決まる?

  6. ミルクローションは必要?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)