シワのばし

先日 オンラインですが 「美肌レッスン」をしました。
「美肌レッスン」とは 基礎化粧品の正しい使い方を お伝えするものです。
基礎化粧品の使い方なんて きちんと習ったことがないと言う方がほとんどです。
メナードでは それぞれのアイテムごとに 適正量や力加減、終わりのサインと言ったポイントがあります。
正しく使うことで 基礎化粧品の各アイテムがその役割を果たしてくれるます。
せっかく使うのですから 正しい使い方知っておく方が得ですよね。

一番最初に聞いていたとしても 毎日しているうちに どんどん実は自己流になってしまうのが普通です。だから 定期的に見直してみるのも実は大切なんですよ。
「え〜 そうだったっけ?」ととても使い慣れている方でも 改めて気づくことがいっぱい!

先日の「美肌レッスン」会でも 初めての方ではなくて 2回目3回目の方でした。
1回目の時には 全部お伝えするのは実は あれもこれもあって難しいのです。
大切なポイントだけお伝えできるのが 精一杯。
「やりたくない!」って思ってもらっては元も子もないので まずははずせないポイントだけをしっかりお伝えしていきます。それから ワンランクもツーランクもアップしたお手入れ方法をお伝えしていくので 何度しても新しい発見や気づきがあると思います。

今回の美肌レッスンで気づいたことは クレンジングやウォッシングをしている時のお顔でした。
無意識にお顔にシワを作ってクレンジングをしていました。そうするとどうでしょう シワの部分にはクレンジングクリームが入らず 汚れが落ちていないで残ってしまっていました。
クレンジングクリームを伸ばすときは できるだけ 無表情でシワを作らないお顔で力を抜いた状態でしていただきたいと思いました。


ウォッシングをするときも同じです。泡をお顔にのせて くるくる優しく泡を転がすときでも お顔に力が入ってしわを作ってしまっていたら そのシワの溝の奥にまでなかなかウォッシングクリームが入らず つまりは 毛穴の中に泡が入って中の汚れをかき出してくれることができませんよね。
どのアイテムでも 力加減は「やさしく」がキーポイントです。
でもその力加減だけでなく 受け手であるご自分のお顔の力も抜けて リラックスしていることが大切なんですよね。

こんなところにニキビができやすいとか 毛穴の汚れが気になると言う方 もしかしたらそこにクレンジングクリームやウォッシングクリームが届いているでしょうか?
一度 慣れたお手入れでも鏡で見てセルフチェックしてみてください。自分ではわかりにくければぜひ 一度ならず何度でも 「美肌レッスン」してみてください。
きっと 何か新しい気づきがあり 肌悩みが良くなって また一つキレイになれると思いますよ。

関連記事

  1. シミ予備群を見ませんか?

  2. キレイな肌ってどんな肌?

  3. お肌の新陳代謝促進

  4. ミルクローションは必要?

  5. ウォッシングの見直しポイント

  6. パック うるおい成分

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)