シミのメカニズム

日焼けをして 黒くなったお肌は 夏を過ぎると元に戻っていきますよね。
でもシミは 一度できると紫外線を浴びていなくても 薄くならないし 消えてなくなることもありませんね。
その原因をメナードの研究所で研究した結果 シミのある部分は ない部分とは異なる状態になっていることがわかったそうです。

それは シミがある部分では 長年浴び続けた紫外線などのダメージの影響によって 表皮細胞と言われるお肌の表面に近いところにある細胞から 常に「色素幹細胞刺激物質」が出ていることがわかったのです!
「色素幹細胞」というのが シミのおおもとです。刺激物質が出ると色素幹細胞が増えてしまいます。
刺激されるわけですからね。
色素幹細胞が増えると「メラノチャイルド」と言って メラニンを出すメラノサイトという細胞の前身のものになり メラノチャイルドが増えてしまうのです。
そしてメラノチャイルド刺激物質の影響を受けて過剰に生成されるメラノサイトに成長してしまいます。
するとメラニンを生成促進してしまうメラノサイト刺激物質が出て メラニンが表皮細胞へ そしてシミとなります。

つまりは紫外線などによってお肌は 刺激物質によってどんどん普通以上に促進させてしまい シミをできやすくしてしまうんですね。

シミのないお肌は お肌全体がキレイに見えて 若々しく見えて お肌に自信が持てますよね。
シミを作らせないお肌を目指して 今から 美白ケア本気で始めませんか?

関連記事

  1. お正月休み中の「集中肌ケア」

  2. ターンオーバー(新陳代謝)と肌悩み

  3. 首のシワケア

  4. 肌質改善

  5. 幹細胞研究

  6. クマの種類

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)