シミができるメカニズム

これからの季節で気になるお悩みといえば やっぱり 「シミ」ですよね。
シミが少ない方は 見た目も若くみられます。
できるだけシミを作りたくないと言う方がほとんどではないでしょうか? 私も以前 この仕事をする前のこと いつの間にか増えて目立ったシミに気づいてビックリした経験があります。
どうしていきなりシミができたの?って色々調べた経験があります。それがこのお仕事をするきっかけの1つでもあります。

さて どうして「シミ」はできてしまうのでしょうか?
シミができるメカニズムを知ることで シミができにくいお肌にしていくポイントをお伝えしたいと思います。

そもそもメラニンは お肌を守るための 「日傘」のような役割をしていて 紫外線からお肌を守るためのものなのですが 長年の「紫外線ダメージ」によって 「表皮幹細胞」にある「美白スイッチ」がOFFになってしまって 色素幹細胞という メラニンを作る細胞のメラノサイトのおおもとの細胞が増えてしまうということが起こります。
おおもとの細胞が増えると メラノサイトも増えて メラニンも過剰に出してしまうということが起こり 何倍にも多くメラニンを作り出してしまいます。
メラニンが固まっているところが「シミ予備群」シミになる一歩手前となります。
メラニンをたくさん出さないように この「美白スイッチ」をONの状態にすることが美白のポイントの1つです。

先ほどの「色素幹細胞」というメラノサイトのおおもとの細胞がメラノサイトになるまでの間に紫外線の影響を受けると 紫外線をよく受けるお肌だから ちゃんと守らなきゃと思って 過剰にメラニンを出すメラノサイトになってしまいます。
だから やはり紫外線からお肌を守ることが ポイントの2つ目です。
紫外線はやっぱり大敵なんですね。

そして 本来メラニンは お肌の中で無色になり シミにはならないのです!
え〜そうなの?って思う方もいらっしゃると思います。そうなんです。
でも 無色になる力が衰えてしまったり メラニンを作る量が異常に増えてしまったりすると 黒いメラニンがお肌に残ってしまって シミになってしまいます。
正常なメラニンになってくれることが3つ目のポイントですね。

そんなシミができるメカニズムを長年研究してきたメナードだから「美白のメナード」と呼ばれるゆえんなんですよ。
私と同じように シミができて欲しくないと思っていらっしゃる方 シミができにくいお肌にしたいと思っている方 ぜひ お肌のカウンセリングにメナードに来てください。
お待ちしております。

メナードフェイシャルサロン ブプレリウム弦巻店

関連記事

  1. ターンオーバー(新陳代謝)と肌悩み

  2. 脱マスク

  3. 肌質改善

  4. 手の温度で変わるお手入れ

  5. 春の肌

  6. お肌に良い洗顔クリーム選び

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)