クリスマスリースづくり

今年のサロンのクリスマスリースイベントは テーマが「赤い実」でした
写真は サンキライ 赤い実がプリッとしていて たわわに実がなっていて
リースにはピッタリ!
でもトゲがあるので 作る前に トゲをとっておくといいと思います。

他に実のものと言うと 野薔薇です。ノイバラとも言います。
野薔薇というだけあって 「薔薇」なのです。薔薇が咲いた後 花びらが散って
実だけが残った状態になってる枝を 丸くしてリースにしていきます。
枝はサンキライよりも太いので リースの大きさも大きくなってしまいます。

まずは リースを飾りたい場所を考えて そこの場所に合わせた大きさに作ることが大切です。サンキライやノイバラを丸くしていって 自分はこっちが表と思っても一度裏を見てみましょう。もしかしたら 裏の方がいいものになっているかもしれません。
また 天地もクルクルと回して どこがいいかみてみてください。意外に天地を逆にしたり少しだけ 角度を変えた方が素敵だったりしますよ。
サンキライのリースは実だけで作りましたが これに ヒバやスギを合わせてもクリスマスっぽくなりますよね。松ぼっくりや 他のドライになるものをくっつけてあげて個性を出してもいいと思います。

最後にワイヤーやラフィアで取っ手を作って掛けられるようにして リボンをつけてあげると出来上がり!

リボンも一箇所につけるのもいいですし リースに細いリボンを絡みつけて巻くのもありだと思います。
自分で作ったリースは とっても愛着が出て可愛いですよ。
玄関のドアに飾れば 帰ってきたときに「おかえり!」と言ってくれているようにも思います。お部屋の中に飾れば お部屋は一気にクリスマスムードになります。

うまく飾れば クリスマスが終わったら 水引などを足して お正月飾りにもなったりして長く楽しめますよ。

毎年恒例になったクリスマスリースづくり 皆さんも来年は参加してみませんか?

 

関連記事

  1. 一年の振り返り

  2. サロンサマーキャンペーン

  3. 心と身体のスッキリ

  4. イベント開催

  5. 8月のサロンイベント 「整うヨガ」

  6. 楽しいサロンイベント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)