キレイな肌の条件

メナードには、美肌アドバイスAI以外にも スキンスコープがあります。
AIにもあるカメラだけの機能のものです。
エステ前のお肌の写真をお撮りして エステ後 特にこのお写真は 「オーセントマスク」をしていただいた後の頬のお写真です。
比べていただくと お肌のうるおいは 一目瞭然ですね。
カメラの光が乱反射しています。それは お肌のキメが整っている証拠です。

『あの人のお肌キレイ!』と思う方のお肌はどんなお肌かと言うと キメが整っていて 明るく透明感があるお肌のことを言います。

「肌力」は「リシアル」のキーワードです。

では「キメ」ってなんでしょう?

お肌の表面には溝(皮溝)があり その皮溝がキレイな三角形を作っているのが「キメが整っている状態」で 溝に囲まれたところ(皮丘)がふっくらとしているお肌がいいとされています。
キメが整ってふっくらしていると 自然の光もそうですし スキンスコープの光が当たった時でも 光が乱反射してくれます。そうすると お肌がより一層明るく透明感が出てキレイに見えます。
それがふっくらしていない状態だと 光は当たっても一方方向にしか光は反射しないので 乱反射のように光の拡散がなくて 明るさが足らなく透明感が出なくなってしまいます。
お肌がくすんで見えてしまうとキレイには見えなくなってしまいますよね。

エステをすると キメが整ってくれます。その上 オーセントマスクIIをすると うるおいもたっぷり プルプルお肌になります。
カメラは正直ですね。
キメが整った明るいお肌を エステと オーセントマスクIIで手に入れませんか?

ただいまサロンではオーセントキャンペーン中です!
詳しくはサロンまで。

関連記事

  1. 「ブライトニング」を目指すシリーズ ~シミ常識をくつがえせ

  2. 花粉400度の法則とスキンケア

  3. コットンでつけなきゃもったいない!

  4. お客様への想い

  5. 上まぶたのタルミ

  6. CMソング「月2回」の意味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)