痩せやすい身体づくり

最近 太りやすくなったと感じることはありませんか?
以前より 食べる量が減っているのに太ってしまうとか、ダイエットしているのに 運動しているのに 太ってしまうとか。
もちろん その原因は「加齢(老化)」や「運動不足」もあります。
それだけではなく 身体の中では 「脂肪燃焼工場(ミトコンドリア)」が少なくなっているからです。もちろんそれは 「加齢」によって少なくなるからではありますが 同じように動いても燃やしてくれる工場が少なくなってしまったら 燃えずに残されて痩せにくい身体、脂肪がつきやすい身体になってしまいます。
脂肪は 筋肉で燃やされます。
30歳を超えると 筋肉量は1%ずつ減っていってしまうと言われています。
減らさないように 運動し続けないといけませんね。でもそれって大変!

では 歳をとっていっても 痩せやすい身体に変えるにはどうしたら良いのでしょうか?
痩せやすい身体にするには
①質の良い筋肉にする
②脂肪の燃焼力を高める
③皮下組織についた脂肪を減らす
④皮下組織についた脂肪を作らせない

そこで 有効なのが
「アイブライトエキス」 ミトコンドリアを1.6倍多く作ってくれます。
つまり脂肪燃焼力を高めてくれます。
また「パッションフラワーエキス」は褐色脂肪細胞(脂肪燃焼してくれる細胞)を増やしてくれます。
そして「H CAP (エイチ キャップ)」は 脂肪細胞を小さくして 脂肪細胞を減らして作らせなくしてくれます。これが幹細胞研究の賜物です。
「Lーカルニチン」は 脂肪を筋肉に効率よく届け 脂肪の燃焼力を高めてくれます。
一時 サプリメントで摂ることをすごく注目されたものですよね。

夏は 汗をすごくかいたりするので なんだか痩せやすい気がするのですが、基礎代謝が低くなるので 実は痩せにくい季節なのです。
一方 冬は 寒さから 身体を温めようと燃焼してくれるので基礎代謝が高くなるます。
でも寒さから 脂肪を蓄積しようとしてしまいます。だから この時季に脂肪のこと考えることも大切ですよ。

私のお得意「せっかくだったら」 同じ動きでも効率よく脂肪を燃焼してくれる方がいいですよね。どんどん脂肪がつきやすい身体になってきているから。

関連記事

  1. 紫外線からお肌を守る成分

  2. 夏こそコラーゲンヒアルロン酸

  3. アケビの秘密

  4. 飲む美容液 コラーゲン

  5. ハス胚芽エキス

  6. L-カルニチンって?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)