ほうれい線ケア

「自分のお顔のシワで一番気になる部分は?」と聞くと その6割の方が ほうれい線と答えるくらい ほうれい線は 年齢を映し出す鏡でもありますよね。
知らない方の年齢をお顔で判断するのに 参考にするのも「ほうれい線」です。
かく言う私も一番気になるのが そう「ほうれい線」です。
口角を上げて幸せ顔にと思う一方で 笑うとほうれい線が目立つように思います。
鏡をみるたびに目がいくのもほうれい線です。

ほうれい線ができる一番の原因は 頬のタルミです。
頬が下がるだけでなく 頬を支えている筋肉が頬を支えられなくなり ハリが失われてしまうことが要因です。

マスク生活が慣れてしまって マスクを外したくないという理由の一つに口元のハリの低下があるのではないでしょうか?
マスクで 口周りの筋肉をあまり使わずに話をして 衰えてしまっていませんか?
ほうれい線だけでなく 表情筋を使わないことで 筋肉の低下だけでなく 弾力も低下し 血液やリンパ液の流れも悪くなり くすみやむくみも生じてしまいます。悪いことだらけですね。

加齢や老化が原因であれば コラーゲンを元気にしてくれる美容液「コラックス」などを使われることをお勧めします。そして同時に 今マスクによって表情筋を使わなくて起こることが原因であれば 表情筋を意識して動かすこともオススメします。
「表情筋」と言うだけあって 「筋肉」なので 身体と一緒 鍛えれば 引き上げる力もついてくれると私も 一目をはばかりながら 表情筋エクササイズしています。
「筋肉は嘘をつかない」と流行り言葉もありましたね。
お風呂の中や 運転している時(対向車の方やバックミラーで見られているかも)など 気づいた時にしています。

運転中はくちびるの内側を舌を使って 右回し左回しをしたり
入浴中は 湯船に浸かってリラックスしている時に 少し上向きに顔を上げて大きな口を開けて「アー」「イー」としています。その時に なるべく口以外のシワは作らないように気をつけて。
特にプログラム30をつけているときは 必ず リンパを流すために お肌のほうれい線の始まりの位置から フェイスラインまで リンパを流れて〜とう感じに 強過ぎず 下に向けてさすります。下に向けていいの?と思うかもしれませんが リンパを流す方がいいので下向きに流しています。そして 耳の後ろにある「耳下腺」と言う 押すとじわっと唾液が出てくるツボから鎖骨の上まで「胸鎖乳突筋」に沿って優しく流していきます。


プログラム30がなければ ミルクローションや ボディーローションなどをつけて優しく流してくださいね。お顔の老廃物は 水分なので思った以上に重たく それだけでも垂れ下がってしまいますし むくんでしまいます。流してあげましょう。

肌マッサージを続けていただくと お肌にハリが出てきます。マッサージの時にも胸鎖乳突筋までケアしてあげるといいと思います。
マスクを自信を持って外せるようになりたいですよね。
ハリのあるお肌になって ほうれい線が目立たなくなると マスクが手放さないなんて言わなくてすみますよ。私もそうしたいと思って今から お顔の筋トレとお手入れ頑張ります!

皆さんも一緒にしませんか?

関連記事

  1. フェイシャルエステ オキシトシン

  2. 2月のイベント

  3. 下がらないエステの通い方 キレイ曲線

  4. 美容のお仕事

  5. 春の5K

  6. クレンジングの見直しのカギ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)