お肌に良い洗顔クリーム選び

市販の洗顔クリーム(ウォッシングクリーム)は たくさんあります。
その中から 自分のお肌に合った洗顔クリームをどうやって選んでしますか?

洗顔は 何でもいいと思っていませんか?
何でも良いとは言わないけど 使いやすい、落としやすい、楽、見た目でといった理由で選んでいませんか?
実は 洗顔は とっても大切なお手入れなんですよ。お肌に付着した汚れを取らなければ 汚れたお肌の状態のままになり くすんでしまったり ニキビなどができてしまったり 毛穴が詰まってしまいます。
また キレイに汚れをとった後のお肌は ローションや美容液などのうるおい成分が入りやすくなります。すると乾燥、シワ、シミなどのお悩みが出にくくなります。
そう聞くと 洗顔はとっても大切なお手入れだと思っていただけたでしょうか?

そうしたら 洗顔クリームがとても大切だということがわかっていただけると思います。
洗顔クリーム選び 一度考えてみませんか?

一概に 洗顔クリームといってもいろんな種類があります。
オイル系は 全体的に洗浄力が強くてお肌への負担が強いものが多いです。
一方 ローション系や ミルク、ジェル、リキッド系は お肌の負担は少ないものもありますがその分 落とす力が弱い場合があり、お肌に汚れが残ってしまいます。
図のようにクリーム系は 洗浄力の強さは中程度より上でありながら お肌への負担は抑えられています。
そして メナードの洗顔クリーム(ウォッシングクリーム)は 弱アルカリでできています。
だから 酸性の汚れが落ちやすく 洗顔後のお顔が明るくなります。
それでもお肌に負担が少なく 洗顔後のお肌を触ってみていただくとよく分かりますが しっとりしています。
お肌がサッパリしないと落ちた気がしないと思われる方もいらっしゃいますが サッパリまで落ちてしまうとうるおい成分まで落としてしまっている可能性があります。
汚れを落としつつ しっとりとした使用感が 洗顔クリームには必要です。
そこが洗顔クリームを選ぶポイントです。

私はメナードの基礎化粧品の中で一番好きなアイテムは このウォッシングクリームです。
初めて使った時には 洗顔後のお肌にビックリしました!「白くなった!」(個人の感想です)
とこんな私でも気が付くくらい明るくなったのです。
その頃の私は とても乾燥肌でした。洗顔後はお肌がつっぱるものだと思っていました。
ところが使い続けていくうちに いつの間にか すぐにローションをつけなくてはと思わないほどツッパリ感がなくなっていっていました。
泡立てすると香りが引き立って とても癒されます。泡も弾力があり濃密でお肌にくるくるとのせてから洗い流すと あんなにいっぱいの泡が するんと落ちて 泡離れがとっても良いところが気にいつています。

メナードのウォッシングクリームは 粘りのある濃厚でボリューム感があり 泡がお肌にピッタリとフィットして お肌の汚れを絡めとるように洗い上げてくれます。また 泡のキメ細やかさが特徴です。洗い上がりはうるおいが残ってつっぱりません。

洗顔後のお肌がどうなっているか 気をつけてお肌を触ってみたことがありますか?
洗顔後にすぐに化粧水をつけたくなったり つっぱるくらいさっぱりしてしまうものを選んでいませんか?

一度 洗顔クリーム(ウォッシングクリーム)を見直してみませんか?

関連記事

  1. シミができるメカニズム

  2. オーセントリクイド 治す力

  3. シミのメカニズム

  4. オーセントクリームIIを知る方法

  5. 肌 セルフマッサージチャレンジ 報告

  6. 夏肌ケア 本番

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)